オフショア開発 ラボ型開発 ベトナムを成功に導こう

オフショア開発 ラボ型開発をベトナムで考えている方へ プロジェクトを成功に導きましょう。offshore labo vietnum.

*

後悔しないベトナムのオフショア開発/ラボ型開発

ベトナムでオフショア開発を検討している方へ

ベトナムは社会主義体制ですが、1986年にドイモイ政策を採択し一部市場経済システムを導入、

アジアの中でも高い経済成長率を誇っている国の一つです。

日本のベトナムに対するODA(政府開発援助)に着目すると

2011年以降の年間援助供与額が2000億円を超えており

最大の援助国となっており、ベトナムのインフラ開発等に大きく貢献しています。

また、町中で見かけるバイクのほとんどがホンダ、スズキ、ヤマハといった日本企業の製品です。

人口約9270万人(2016年、越統計総局)、と豊富な労働人口を有しています。

経済発展の1つの国策としてIT人材の教育に力をいれており

政府は2020年までに100万人のITエンジニアを創出することを目標として掲げています。

さらに外資系IT企業に対して税制面での優遇措置をとっているため

数多くの外資系IT企業が進出している国となっています。

以上のことからも、ベトナムはオフショア開発の依頼先として

コストメリット、品質も担保された国であるといえます。

 

開発の単価は?

新卒のベトナム人エンジニアの平均給与は1か月約300~700ドルほどです。

日本語の堪能なブリッジエンジニアとなると月給与が1000ドルを超えてきます。

人月単価にオフショア開発提供企業の手数料が加わり

開発規模や開発内容により費用が算出されます。

 

オフショア開発のメリット

オフショア開発とは、ソフトウェアの開発やWebシステム開発を海外の開発会社に委託することです。

オフショア開発を行うメリットとしては、

発注側と受注側の間に発生するコストを軽減できることが特徴であり、

委託先は人件費が安く済むインドやベトナム、中国などが主流となっているのです。

上記の国では特にIT産業への投資、教育が積極に行われています。

例えばベトナム人エンジニアと日本人エンジニア、

同じレベルのエンジニアに開発を依頼する場合、ベトナム人エンジニアに依頼する方が

大幅に開発コストを抑えられます。

アメリカをはじめとする欧米諸国では、言語の壁も少ないため

積極的にオフショア開発を活用している企業が多くみられますが

日本国内では、まだまだ活用している企業が少ないのが現状です。

現在、日本国内でよく耳にするエンジニア不足も

新興国の豊富な労働人口を活用することにより解決が図れます。

 

オフショア開発のデメリット

オフショア開発の最大のメリットは、日本ではとても実現できないことが可能になるということと、

価格です。デメリットは、オフショアであることそのものと、メリットの理由がそのまま裏返しになってきます。

まず、細かいところまで仕様が決められない場合には時に大きなリスクとなります。

思っていたものができてこなかったなどは日常茶飯事と言えますが、例えオフショアではなくてもこのようなことは起こります。

そこで問題となるのはコミュニケーションです。

日本人同士であれば、直接話をしてすぐに分かり合い、共有できる問題であっても、外国では同じようにいきません。

ベトナムではうまくいくことも、インドではうまくいかないこともあります。日本から離れれば離れるほど難しくなるものです。

このために時間を費やし、遅れが出てしまう、追加の費用が発生してしまなどとなると本末転倒です。

できれば、こういった齟齬が起こらないように詳細に仕様を固めることができるか、

ある程度定型的なものであるかというところがポイントになります。

これらのデメリットを理解することがオフショア開発を検討することで一番大切です。

向いているものと向いていないものがあるのだということを念頭に置けば、

問題は起こり難いと言えるのではないでしょうか。

開発費用が安く済むという特徴があり、場合によっては低予算でシステム作成を依頼し受け取ることができるのですが、

世の中そんなうまい話ばかりではなく、

受注側も低予算で作業を行っているので、そのような場合は基本的にモチベーションは低く、

低品質の物を送られてくる可能性は大いにありえるのです。

こればかりは受注先との信頼関係や事前の情報をもとに関係を気づき上げるしかありません。

ですが近年、プログラマーのレベルが上昇しており、日本での予算を半分以下まで抑えることのできる、

ベトナム、中国の受注においても、高品質で成功率の高い会社は多数あり、一概に悪いとも言えないのです。

きちんと委託先を見極めること、そしてコミュニケーションをしっかりとることも大切です。

海外トラブルでトップクラスに位置するのが、コミュニケーション不足です。

 

オフショア開発の課題・問題点

オフショア開発を行う上で、まず第一に挙げられる課題、問題点として

コミュニケーションの問題です。

間にブリッジエンジニアや通訳をおくことによって解決を図ることが多いですが

どうしても認識の違いや意図の相違が生まれてしまいます。

開発側の人材だけではなく、発注側も曖昧な表現や

感覚的な表現を避け、具体的な指示を出すことが重要となります。

 

失敗するケースとは何か

オフショア開発の懸念点や、デメリットとしてよくあげられる

期待してた品質の不足や、納期までに成果物が提出されないといった

トラブルもコミュニケーション不足が大きな一因となります。

言語の違いだけでなく、考え方や文化、価値観でも日本と違う部分が多分にあります。

同じ日本人と仕事をしている時によくあるような

暗黙の了解や、常識ならこうだろうという感覚を捨て

しっかりと明文化、共有することが大切となります。

 

オフショア開発を検討する際に比較するポイント

発注側がオフショア開発を検討する大きな理由として

開発コストの削減が、まず第一にあげられると思います。

だからといって単純に開発コストの安いところに依頼をするのは早計ですが

ベトナム人エンジニアの給与を公開しているオフショア開発企業は少ないため

価格とスキルを吟味して検討するというのは難しいというのが現状かもしれません。

一般的なオフショア開発企業では、発注側との契約を結んでから

求める人材の採用活動を行うことが多いです。

そのため、事前にテスト発注をしたり、採用した人材に問題があった際に

人材の交代がすぐにはできないといったことが起こります。

なので、テストで発注ができたり、仮にスキルや性格が合わないベトナム人エンジニアを

アサインされた場合でも、開発メンバーをすぐに交代できるといったオフショア開発企業をお勧めします。

理想として可能であれば、現地に赴き作業風景を確認することも大切です。

もし難しくても、テレビ電話やSkypeを使い現地スタッフと

定期的に面談を行うことをお勧めします。

 

オフショア開発でベトナムに注目が集まる理由

オフショア開発に限ったことではなく一般に開発プロジェクトが失敗してしまう理由としては、

あいまいな要件定義、設計不備、コミュニケーション不足などが主に挙げられます。

さらにオフショア開発での失敗のネガティブな印象を与えてしまった理由として、

2000年代前半の中国での第一次オフショア開発ブームにあります。

そのような状況でもオフショア開発で成功してるケースは数多くあります。

地道に改善をし、コミュニケーションを密にとることにより、

日本で開発するよりも成功率の高くなる場合もあります。

オフショア開発のメリットは、なんといってもコストが安いことです。

日本国内のオフショア開発先としては中国が本場でしたが、

近年人件費が高騰しており沿岸部では日本人エンジニアと同じぐらいの単価になってます。

そして今注目されているのがベトナムです。ここは東南アジアの中で4番目に単価が安くて、

エンジニア単価は中国の半額程度で、もちろんエンジニア技術レベルにより変わりますが、

コストパフォーマンスがいいのはベトナムなのです。

また、ベトナムではプログラマーは憧れの職業で学生の中で優秀層は医者よりプログラマーといった風潮があり、

ベトナムは国としてIT教育に力を入れています。

 

日本とベトナムの状況

日本はエンジニアが足りないといったセリフを聞かない日がないぐらいエンジニア不足であり、

そもそも母数が少ない。優秀なエンジニアはとても少ない、その方を取り合うため高い賃金を提示する企業も多くあります。

少ない優秀なエンジニアの取り合い合戦が盛んですが、

世界では、優秀なエンジニアが多く、さらにコストも抑えられていて、

ベトナムは2020年に年間100万人をIT業界に就業させるべく教育プログラムを国家として取り組んでいます。

ベトナム人は経験不足で全体性に欠ける傾向があるようですが、

全体性とは専門スキルを持っていて開発全体のことを理解してる事、

日本も全体性を持った人材は多くないですが、

日本とベトナムを比べた場合、日本の方が全体性を持った人材を育てやすい仕組みがあります。

プログラマーとしてのメリット

プログラマーとして働こうとしてる方には、その仕事の特徴をあらかじめ把握するのは大事なことです。

プログラマーはサイトに特化したプログラミングをする仕事で、クライアントニーズをひきだし、

その期待を超えるようなサイトを作る必要があるのです。

サイト作成をしたいが自社で制作が難しいといったクライアントは世の中に多数あり、

クラウド普及も背景にさらなる制作ニーズ高まりが期待されており、

そうした状況で消えゆく仕事もあるわけですが、

問題解決可能なプログラマーは仕事がないというような状況は起こりづらい職種です。

次から次へ仕事したいという意欲的な人にとってぴったりの職種です。

ただ単に、プログラミングコードを入れるだけのマシーンのようにならないよう注意してください。

プログラマーとして働くときに

プログラマーとして独立して働く方法を考えれば、

独立した方が収入が増えてきそうで、自由も手に入れられると楽しいことを考えがちです。

独立はすべて自分が責任を取るというリスクが発生します。

そのため収入が大きくなって、手取り収入といった観点でみれば、約1.5~2.5倍ぐらいになります。

独立しフリーとなり、毎年確定申告をし、

懇親会、交際費として使った飲み代や遅くまで働いたときのタクシー代、

会社が出してくれと社員が心で思ってる様な支出を経費で経常が可能になります。

仕事に使ったお金は経費計上可能で、節税対策になるわけです。

 

独立をすれば時間のコントロールがしやすい

働きすぎて体調を崩した場合でも、長期休暇を取り休みを取りやすいはずです。

独立すれば休暇中資金と時間が許す限りと休めるいう特徴があり、

働くときに働いて休む時に休むといったスタイルは理想的といえるかもしれません。

プログラマはパソコンがあれば時間の制約を受けず、どんな場所でも仕事ができて、

海外でリフレッシュし、合間の時間に仕事をすることも可能です。

 

エンジニアとして独立するには

システムエンジニアが独立するとき、当然ですが、独立すると会社員時代より仕事に対しての責任が大きくなります。

企業の本質は社員の誰かがいなくなっても仕事が回る仕組み作りにあるとも言えます。

独立した場合、発注者側はいなくなっては仕事が回らないという問題に直面するケースがあります。

こうした状況の独立システムエンジニアは、

その分責任が重いので、仕事を投げ出すという選択は現実的に取れないことがほとんどです。

解消法はないですが、なるべく自分がいなくても仕事が回るように体制を構築できると理想的といえるでしょう。

こうした重圧に日ごろから耐性をつけておけば、プレッシャーに直面しても思い悩まず状況を楽しめるはずです。

 

独立して活躍していくには

プログラマーとして独立し活躍する時パーソナルスキル、専門スキルが必要となり、

パーソナルスキルは人間的側面スキルであり、コミュニケーションなどの事です。

人より優れたパーソナルスキルなら、プログラマーで独立してもそれを武器に活躍できて、

優れた専門スキルは他と組み合わせることで新たな価値を生み出せるのです。

また、会社勤めをしてるとき何か失敗してもそれが原因で仕事がなくなるようなことはまずありえず、

個人でミスをしても他の社員の努力によりカバーされることもあります。

ですが、プログラマーで独立すれば仕事上自分のミスは全て自己責任で、

常に責任感を持ち仕事をすることが大切です。

オフショアとは

オフショアとは文字通り、off(離れる) shore(海岸)、沖合のことを意味することから

海外のことを指します。主に、東南アジア諸国をはじめとする、人件費の安い国や新興国のことを指す場合がほとんどです。

他にも国内のことを指すオンショアや 、ニアショアという表現もあります。

 

ブリッジエンジニアとは

ブリッジSE(システムエンジニア)とは文字通り、発注側と開発側の橋渡し役となり開発

側の人材に直接指示だしを行う人材のことを指します。

日本とベトナム間でのオフショア開発であれば、日本語の堪能なベトナム人エンジニアや

英語でコミュニケーションを取る場合は、英語の堪能な日本人エンジニア、もしくは稀ですが、

ベトナム語の堪能な日本人エンジニアがこのポジションになることがほとんどです。

ブリッジ人材はコミュニケーションを円滑にするための語学に堪能なだけでなく、開発の知識も備えていることが求められます。

また、発注側国、開発側国、双方の商習慣やビジネス習慣を熟知していることも求められてきます。

他にも、発注側の意図を汲み取り、かみ砕いて発注側の実際に開発に携わるスタッフへ伝達する能力も求められます。

 

 

 

 

関連キーワード

  • ベトナムで英語が話せなくても大丈夫でしょうか失敗する可能性はありますか?メリットも強く享受できるため、現状把握を優先しましょう。単価は中国とくらべベトナムは安い印象があります。
  • 中国の会社もまた、ベトナムを活用する可能性もあるでしょう。アメリカではまたどうでしょうか。
  • アジア
  • 案件
  • amazon
  • アウトソーシング
  • アジャイル
  • アンケート
  • アメブロ
  • 意味
  • インド
  • it
  • ip
  • ipa
  • インドネシア
  • インド中国
  • 一覧
  • ibm
  • 委託
  • wiki
  • 受入テスト
  • 受入
  • うまくいかない
  • uml
  • 請負
  • web
  • 円安
  • 英語力
  • 英訳
  • 炎上
  • 営業
  • 影響
  • 営業求人
  • エボラブルアジア
  • エボラブル
  • オンサイト
  • オーバーヘッド
  • 大手
  • オンショア
  • 大阪
  • おすすめ
  • オージス
  • 沖縄
  • offshore
  • 本おすすめ
  • 課題
    関税
    管理
    為替リスク
    会社
    価格
    課題解決
    拡大
    韓国
    確認事項
    求人
    企業
    規模
    企業一覧
    教育
    拠点
    期待
    給料
    中国企業

    国別
    クラウド
    工夫
    組み込み
    クラウドソーシング
    空洞化
    経済産業省
    研修
    契約
    契約形態
    経験
    計画
    検討
    欠点
    コミュニケーション
    今後
    コスト
    国内
    工程
    効果
    個人
    コスト比較
    コスト削減効果
    採用
    再委託
    サポート
    三重苦
    市場
    消費税
    市場規模
    失敗事例
    推移
    推進
    進め方
    スキル
    スリランカ
    セミナー
    生産性
    成功
    設計書
    セキュリティ
    成功秘訣
    成功率
    成功ポイント
    選定
    セキュリティリスク
    相場
    ソース管理
    ソフト
    ソフトウェア
    ソニー
    総務省
    単価相場
    タイ
    体制
    対義語
    体制図
    台湾
    対策
    単体テスト
    短納期
    中国問題点
    注意点
    中国リスク
    中国単価
    中国動向
    チャイナリスク
    チェックリスト
    中国ベトナム
    調査
    ツール
    作り直し
    撤退
    転職
    展示会
    定義
    提案書
    手順
    テスト
    提案
    とは
    統計
    東南アジア
    東欧
    トレンド
    トラブル
    特徴
    取り組み
    流れ
    なぜ
    名古屋
    ニアショア開発
    日本
    日本語
    日経
    日本企業
    ニュース
    人気
    人月
    ニーズ
    日本語教育
    nec
    年収
    ネットワーク
    ノウハウ
    反対語
    背景
    白書
    始まり
    反対
    範囲
    ハノイ
    発注先
    派遣
    ハンガリー
    品質管理
    品質
    評価
    比率
    比較
    費用
    品質確保
    必要性
    日立
    標準
    フィリピン
    富士通
    藤田
    単価フィリピン
    フランジア

    法律
    保守
    方法
    ホーチミン
    翻訳
    香港
    マネジメント
    マレーシア
    マッチング
    丸投げ
    マニラ
    ミャンマー
    見積もり
    未来
    見積
    魅力
    ミーティング
    ミャンマー単価
    難しい
    メリットデメリット
    中国メリット
    目的
    問題
    問題点
    モデル
    目標
    インド問題点
    モンゴル
    役割分担
    安い
    輸出管理
    輸出
    輸出手続き
    輸入
    ユーザー企業
    要件定義
    用語
    予算
    要求仕様
    ヨーロッパ
    ラボ契約
    ランキング
    ラボ型
    楽天
    ラオス
    リスク
    利点
    リスク管理
    留意点
    利益率
    離職率
    リクルート
    理由
    料金
    中国リスク
    ルワンダ
    歴史
    レビュー

    論文
    ロシア
    割合
    nttデータ
    nri
    外為法
    ガイドライン
    ガートナー
    偽装請負
    業界
    業務
    技術者
    銀行
    グローバル
    源泉所得税
    源泉
    ゲーム
    源泉税
    言語
    現在
    激安
    失敗原因
    雑誌
    準備
    事前準備
    上流工程
    情報漏洩
    事例
    人件費
    実態
    条件
    情報セキュリティ
    人材
    税金

    増加
    大失敗
    大学
    大企業
    ダナン
    デメリット
    データ
    デザイン
    動向
    動向2013
    動向2012
    ドキュメント
    導入
    バングラデシュ
    場所
    バグ
    バイタリフィ
    バンコク
    ビジネスモデル
    ブリッジse
    ブログ
    文化
    ブラジル
    ベトナム単価
    ベンチャー
    失敗ベトナム
    募集
    プロジェクト管理
    プロセス
    プロセス改善
    プレゼン
    プロジェクトマネジメント
    北京
    ポイント
    ポーランド
    視察ポイント
    bse
    cmmi
    press
    2014
    2015
    2ch
    5分

公開日:
最終更新日:2017/08/01